FC2ブログ

プロフィール

イエローハット

Author:イエローハット
今現在超人気の芸能人やタレントの恋愛事情、私生活、芸能活動、みんなが知りたい情報をあらゆる媒体から収集して提供しています。


月別アーカイブ


カテゴリ


最新記事


QRコード

QR

Amazon(アマゾン)


アクセスカウンター


た私の名前は祐実○○歳です夫と小学5年生の息子と三人で暮らしています。

いつも私にベッタリだった息子は友達と遊ぶのに夢中で学校から

帰るとすぐに遊びに行きます。寂しさを感じる私ですが、実は私には最近

気になる男の子がいます。隣の家の翔太君(浪人一年生)です。実は彼が今後

私が破廉恥でスケベな女になる原因を作った男なのです。


ある日の朝夫と息子が出かけた後に玄関のチャイムが鳴ったので出てみるとそこには隣の翔太君が、「祐実おばちゃんが好きだ」と言いながらキスをしようと抱き着いてきました、慌てて両手で防ぎながら「やめて!」「やめて翔太君痛い!」私は叫びました、それに

驚いたのか翔太君は「ごめんなさい」と言って逃げていきました。



翔太君が逃げ帰ってから暫く私は玄関に呆然と立ち尽くしてました。「翔太君どうしちゃったんだろう?」ん!?

私の事「好きだ」って言ってたな!(男が迫りながら好きというのは「やりたいからやらせろ」と同じだと知るのはもう少し後になってから)まだまだこの時は初心でした。

11/22 23;30

私が好きって何よ、三人の生活に追われて最近は化粧もしてないしましてお洒落なんか、そんな私が好き? 揶揄ってんのかな?

ひと回りも年の離れた翔太君に突然好きだと迫られた私は少し頭が混乱していました。幼いころから知っている少年ですし、ましてや隣の子です。(この時私はこの年代の子の性欲の強さを全く理解していませんでした)



11/ 23 23;30

次の日から私は翔太君のことが気になり始めました、表で自転車の音がすると「あっ翔太君かな?」とついつい表に目が行ってしまいます。そのたびに「何やってんだろ私」とあきれてしまいました。こんなに気になるのは多分夫以外の男性から「好きだって」言われたのが久しいからかな?! 単純



11/24 23;30

昼頃に自転車で買い物に出ようとしたら翔太君に見られていました、思わず顔を背けてしまい「しまった」と思たのですが後の祭りでした。翔太君は悲しそうに家に入っていきました。「ごめんね翔太君、そんなつもりじゃなかったの」私は何だか翔太君に悪いことをしてしまったなと後悔しました。

私(祐実)のような人妻と出会うならここ

11//25 23;30

そんなことがあり私は翔太君に中々会って話をすることができませんでした。翔太君からは話しにくいと思いますし、だからと言って私がのこのこと尋ねてもいいものかと悩んでいます。誰にも相談できずにいるといつしか時は過ぎていきました。そんなある日翔太君から手紙が届きました。



11/26 11;30

封筒の中を見ると便箋5枚にびっしりとごめんなさい、御免なさいと書かれていました。毎日~祐実さんの事ばかり考えていたらあの日にどうしても会って気持ちを伝えたいと思いあいに行ったが目の前の祐実さんを見ると我慢できなくなりあんなことをしてしまった御免なさいとそういう事を延々と。



11/27 11;30

そうか~反省してくれたんだ「良かったわ」そう思ったのですがちょっと私の考えは甘かったようです、いえちょっとどころか大きく甘かったのです。後々私は後悔することになります。しばらくして翔太君が私の家を訪ねてきました、一人なので少し躊躇しましたが会わないわけにいかないのでドアを開けました。



11/28 11;30

彼は大きな声で「どうも御免なさい」と言って頭を下げました、私は近所の目があるので急いで彼を中に入れました。それから彼はあれからずっと祐実さんにどうやって謝ろうかと一日中毎日考えていたと必死にまくし立てました私は何だかおかしくなって「もういいよ、お互いに忘れようよ」と言いました。



11/29 11;30

翔太君は満面の笑みで「本当ですか!良かった良かったぁ~」と飛び跳ねました。私はこの子は本当はいい子なんだと思い「ねえ翔太君私今コーヒー淹れたとこなんだけど飲んでく」と聞くと「はい、頂きます」と即答 それから二人で中へこの後私の身にあんなことが起ころうとは思いもしませんでた。

私(祐実)のような人妻と出会うならここ


11/30 11;30

ソファーに向かい合って座りコーヒーを飲んでいると翔太君が突然「祐実さんは本当に美しい」まるでテレビに出てくる女優みたいだとかもうスタイル抜群でみんなが見とれてるとか聞いてるこっちが恥ずかしくなるような話を始めましたそして最後に言ったんです「自分の最初の女性は祐実さんしかいない」と。

12/1 11;30

それから翔太君は私の前に土下座をして「祐実さんお願いします、僕の初めての女性になって下さい」と真剣な顔で言いました。「いやいや無理だよ私には夫も子供もいるんだよできないよ」というと「じゃあ死にます」というと思いっきりテーブルの角に額をぶつけましたドカッと凄い音がしました。
12/02 11;30



痛~!

くそ死ねない、もう一回 「駄目!」

「駄目よ翔太君もうやめ!てお願いだから」「それじゃあ祐実さん良いんですか?!」「ううんそれは出来ないけど、キスだけなら・・・」

思わず言ってしまいしまったと思いましたが「ありがとう」と言うなり私を強く抱きしめ私の唇を貪ってきました。



でもそれが何度も続きもう一回もう一回と・・いい加減にしてと立とうとした私の胸を彼は鷲掴みにしました、胸は私の急所なんです

完全に翔太君に支配された私の肉体はもうこの時から彼の思うままになっていました。私の心とは関係なく肉体は快感に支配さたのです。





それから翔太君は私のスカートの中に手を入れ一気にパンツを脱がしました、そして自分もズボンを脱ぎ興奮しながらアレを私の中に入れようと

私は消えそうな声で言いました「翔太君お願い最初くらいは正面から入れてよ~お願いだから」翔太君は喜んで「わかったよ祐実さん、わかった」



そう言って彼は私を床に寝かせスカートを剝ぎ取りブラウスそしてブラを取り私を全裸にしました。自分も全裸になりながら「きれいだ綺麗だよ祐実さん」

とつぶやきながら私の両足の間に立つ彼を見上げた私は驚きました、彼のアレはギンギンになって天井どころか彼のお腹に食い込むくらい反り返っていたのです。



これがもうすぐ私の中に?! 私どうなるの? 「怖い」もうすぐ私は翔太君に犯されるんだ、そんなことを考えていると翔太君が座りながら私の両膝を立たせ

自分のアレを私のアレに押し付けてきましたそして少し触れた瞬間暴発したのです。そして考えられないくらいのアレが私の体に降ってきました。



ペットボトル一本くらいの量が私の体に、その一部は顔にまでかかりました、「ハフハフすごいよコレ」と言いながら翔太君が私の上に倒れてきました。

後で聞いたのですが彼はこれまで一度もマスターベーションをしたことがないそうです、それでアノ量か(*^^)v あれが私の中に入ってたら妊娠確実だわ。

私(祐実)のような人妻と出会うならここ

彼の体液でベトベトになってしまったので二人でシャワーを浴びに浴室へ行きました。そして今度は寝室へ、ベッドに入るともう翔太君は待ちきれないように

私の体を求めてきました、とても雑で乱暴なので最初は嫌だったのにだんだんと感じてしまいついには歓喜の声を上げていました、それに反応して翔太君も





ますます興奮してきたのです、そして我慢できなくなった彼は自分のアレを私の○○に押し込んできました、十分濡れている私のアソコは難なく受け入れ

ズブズブと私の中へ「ああああああああ!これから! と思ったのですが彼が動かない、まるで岩のように??「ん?!」「そうだ、彼は童貞なんだ(^▽^)/」


私(祐実)のような人妻を抱きたい人はここ


私は彼に「翔太君ゆっくり引いて、そしてまた来てぇ~」と甘えた声で囁きました、素直に彼は腰を引いたり押したりしながらすぐに理解しました。

そしてそのスピードは段々速くなり同時に私の快感は絶頂に近づきましたその時彼が「逝くっ」「私は慌てて駄目まだっ!」遅かった( ノД`)シクシク…。



彼は私の中に出してしまいました。「ごめんなさい祐実さん」「でも気持ちよかったよ本当に」私「死ななくて良かったね」「うん」二人で笑う(*^^)v

そして彼はすぐに回復して大きくなったアレを再び私の中へさっきまで童貞だった彼が「祐実さんどう?気持ちいい?」と余裕で聞いてきました、少し悔しい

私(祐実)のような人妻と出会うならここ

そんな悔しさもすぐに吹き飛ぶ彼は何と私をあっさりと逝かせてしまったのです、夫との行為でも何回かに一回しか逝かない私をあっさりと。胸が感じるのと

アクメに達するのとは違うでも翔太君はアソコと胸を同時に攻めてそれから何度も私を逝かせてくれた。何度も何度も、その間彼は二回逝っただけ



私は彼に「気持ちよくないの? 逝かないね?」と聞いた、彼は「祐実さんが気持ちよく逝くのを見てると満足」だって。もう私彼にハマりそう(*^^)v

何気に時計を見るとお昼を過ぎてまもなく14時になりそうだった朝の9時からだから5時間(;'∀')。大変だ子供が帰ってくる大急ぎで着替える二人。

私(祐実)のような人妻と出会うならここ





テーマ : 雑談 - ジャンル : アフィリエイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム |