FC2ブログ

プロフィール

イエローハット

Author:イエローハット
今現在超人気の芸能人やタレントの恋愛事情、私生活、芸能活動、みんなが知りたい情報をあらゆる媒体から収集して提供しています。


月別アーカイブ


カテゴリ


最新記事


QRコード

QR

Amazon(アマゾン)


アクセスカウンター


昨今の状況により、海外との往来の機会は激減している。しかし、こんなときだからこそ、より良い生活を求めて海外移住を夢見る人々が増えているようだ。世界中で移住関係のグーグル検索件数は急増しており、その子細を分析すると、日本は移住先として世界で2番目の人気を集めていることがわかった。あの国が知ったら発狂しそうですね♪
◆理想の移住先ランキング・トップ10
 本ランキングは、モバイル国際送金サービスを提供する米レミトリー社がまとめたものだ。同社は世界101の国と地域で行われたグーグル検索の結果を分析し、海外移住に関連するキーワードと同時に検索された移住先を抽出した。最も多く検索された移住先を検索元の国別に集計したところ、30ヶ国から支持されたカナダが1位となった。ランキングのトップ10は以下の通り。カッコ内は何ヶ国から移住先1位として選ばれたかを示している。

 1位:カナダ(30)
 2位:日本(13)
 3位:スペイン(12)
 4位:ドイツ(8)
 5位:カタール(6)
 6位:オーストラリア(5)
 7位:スイス(4)
 8位:ポルトガル(3)
 9位:アメリカ(2)
 9位:イギリス(2)
レミトリー社によると、コロナ禍によって人々の検索傾向は大きく変化し、パンの焼き方や室内でできるエクササイズの方法など、ステイホーム生活を快適に過ごす方法が2020年に多く検索されたという。こうした巣ごもり関連のニーズが高まる一方で、海外移住という人生の一大決心を検討する人々も増えてきているようだ。移住方法の検索数は2020年1月から10月までの時点ですでに昨年の検索実績を29%上回っているという。
2021年9月、スイス勢のプライベート・バンク「ファルコン(Falcon Private Bank)」が、同国内の銀行として初めて反マネーロンダリング(資金洗浄)法違反で裁判にかけられました

マネロン対策を主導する政府間期間「金融活動作業部会(FATF)」からは「資金洗浄大国」の汚名を着せられ
、バイデン米大統領も去る(2021年)4月にスイス勢をして公然と「タックス・ヘイヴン」と呼ぶなど
、300年の歴史と伝統を誇るスイス勢のプライベート・バンクの地位が今揺れているのです。
そもそもスイス勢における金融業の起源は中世にさかのぼります。イタリア勢、ドイツ勢、フランス勢の中間に位置する貿易拠点として、特にジュネーヴ、チューリッヒ、バーゼルなどの都市で、手形や為替などの金融業が始まりました。その後、プライベート・バンクを今日のような形に発展させた要因として次のようなことが挙げられます


第一に、傭兵サーヴィスの提供、いわゆる「血の輸出」です。
特に16世紀初め以降は、ヴァチカン勢でスイス傭兵隊がローマ教皇の衛兵として採用されて以来、多額の資金がスイス勢にもたらされています。
第二の要因は、周辺国での地政学リスクの“炸裂”に伴う資金の流入です。
これは17世紀、フランス勢で迫害をうけた新教徒(ユグノー)がカルヴァン派の庇護を求めてジュネーヴに資産を隠したことに始まります。
さらにその後も18世紀には、フランス革命でギロチンを逃れたフランス貴族が多額の資産とともに亡命してきたり、20世紀にはオーストリア=ハンガリー二重帝国の滅亡を背景に東欧勢の地主貴族(ユンカー)がこぞって資産をスイス勢へと移転させました。第二次世界大戦が始まるとナチス・ドイツ勢の略奪から財産を守るためにユダヤ勢が多額の資金をスイス勢に持ち込んでいます。

そして、現代においては、課税を逃れるための「タックス・ヘイヴン(租税回避地)」としての役割を担っているのです。

しかし、近年、300年続いた秘匿性の歴史を揺るがす事件がつづいています。去る2009年にはスイス連邦金融監督局(FINMA)は米当局の求めに応じ、国内最大手のプライベート・バンクUBSに対して数千人分の口座情報を提供させたのです
。去る2015年には、香港勢を拠点とするHSBCがジュネーヴに置く子会社において、顧客データが漏洩するという「スイス・リークス事件」が発覚しています
去る2016年末にFATFが公表した第4次国別審査では、スイス勢のマネロン規制の有効性は確認されたものの、勧告40件のうち9件(注意義務の個人への適用拡大など)では制度に「抜け穴」があり、改善すべきと指摘されています。2020年1月の中間評価でも、この「抜け穴」への取り組みが遅すぎて「満足できない」と批判されており、次回の審査でも、スイス勢の評価は現在の「かなりの部分は達成されたが、改善の余地あり」から、さらに引き下げられる可能性もあります。

さらに、2021年7月には、ヴァチカン勢の国務長官を務める投資マネージャーであったイタリア人ファブリツィオ・ティラバッシ氏が、UBSとの間で、ヴァチカンの預金に対して0.5パーセントの手数料を支払う契約を結んでおり、さらにティラバッシ氏が勧誘した新規顧客の預金に対しても手数料を支払っていたといいます。去る2018年後半よりヴァチカン勢は“越境する投資主体”の雄を用いて大量の資金をパナマ勢に移送していたとの非公開情報がある中で、スイス勢から中南米勢へと資金の逃避が今後加速する中で、ヴァチカン勢とスイス勢の紐帯も今後、不透明にならざるを得ません。

Bank secrecy(銀行秘密)の機能を保持することで中世以来、築いてきたスイス勢の地位がFATFを中心とするマネロン規制への圧力の強化を受ける中で、ヴァチカン勢との紐帯が切れた瞬間、一気に転落する展開となるのでしょうか。あるいはスイス勢には、現在もなお欧州系国際金融資本の“雄”の本拠地が所在している点を念頭に置くと、それらもすべては次なるフェーズへ向けた“演出”に過ぎないのか。
いずれにしても、次なるフェーズには、「富の東漸」を背景として、グローバル・マクロ(国際的な資金循環)が日本へと収斂していくというシナリオが含まれていることを忘れてはならないでしょう。

続きを読む »

いずれにしても、経済発展を実現した「新しい中国」のイメージを体現するカリスマと呼ばれ、一時期、世界で最も裕福な人物となったマー氏はあまりに大きな存在になりすぎたのかもしれません。
中国共産党は、社会全体にも影響力を与える存在になりつつあったマー氏が自らを越える存在になってはならないと考えたとしても不思議ではないでしょう。
つまり、様々な分野に新たな規制の網をかけ始めた習近平国家主席は、中国共産党による支配体制の安定のために自身の支配を危うくする動きに神経をとがらせていると推測できます。

中国メディアは8月、中国商務部の担当者が中国は世界2位の消費市場、世界1位の貿易大国となったとした上で、「消費高度化の歩みが絶えず加速するにつれ、デジタル、文化、観光、健康など各種の消費の注目点が次々に登場し、消費の新業態、新スタイル、新シーンも絶えず生み出された」と述べたと伝えています。
。消費社会をめぐる環境の変化の時を迎え、新たなプレーヤーは生まれるのかといった点について、目が離せません。
このように、投資から消費へと移行した中国経済のけん引力は、中国の新中産階級です。
モバイルインターネットコンサルティング会社クエストモバイルが発表した「2021年新中産階級インサイト報告」によると、約2億人いるとされている中国の新中産階級は、
年齢が25歳から40歳の都市住民で、オンライン消費能力が1000元超えるといった基準を満たす人々のことだといいます。


消費拡大による中国の経済発展を象徴するように盛大に開催されるネット通販セールが“光”の部分とするなら、表舞台から姿を消すことになったアリババグループの創業者ジャック・マー氏への規制をめぐる一連の動向は“影”の部分といえるかもしれません。2020年11月、アリババグループのフィンテック企業で「アリペイ」を運営するアントは、香港と上海でのIPO(新規公開株)取引が中止されました。当局による規制の強化の理由は定かではありませんが、マー氏がイノベーションを阻害し、発展や若者の機会を十分に尊重していないと中国の規制当局に対する批判的意見を表明していたとする説や
、非主流派の江沢民元国家主席派と近いといわれ、傘下にあるメディアで江氏の近い見方を報じていたからではないかなどの憶測を呼びました。

tag : 中国

生活に欠かせない便利なツールとなったネット通販。
新型コロナウイルス感染症拡大の影響による外出自粛など、ライフスタイルの変化によって、ネット通販は我が国でさらに確固たる地位を築いているようです。

日本通信販売協会(JADMA)が、2020年度(2020年4月~2021年3月)の通信販売市場の売上高について調査を行ったところ、通販の売上高は10兆6300億円で、前年に比べて1兆7800億円増加したといいます(前年比20.1パーセント増)。20パーセント以上の伸び率を記録したのは、1982年度の調査開始以来初めてであり、直近10年の平均成長率は8.7パーセントで、マイナス成長を記録した1998年度以来、22年連続して増加中です。


中国のネットショッピングにまつわる数字はさらに桁違いに大きなものになります。今年もあと2か月にせまっている中国の年間最大のネット通販セール、11月11日「独身の日」は、消費活性化の一大イベントとなり、その盛大に開催されるイベントの模様は毎年テレビ中継され、秋の風物詩ともいえる光景となりました。元来、11月11日は独身者が「自分へのごほうび」で買い物をしたのが由来とされているが、2009年からネット通販セールが開始されました。2020年、最大手のアリババグループは例年よりセール期間を延長し、11月1日~11日が期間となったこともあり、アリババでの取扱高は約7.72兆円(4982億元)、前年比85パーセントと増加しました。
。ネット通販2位の京東 (ジンドン)集団(JDドットコム)も「独身の日」セールを開催するほか、会社創立日にちなみ「618セール」も開催しています。

 | ホーム |  次のページ»»